WebサイトとWebページの関係について

WebサイトとWebページの関係について

あなたは「Webサイト」と「Webページ」で、どちらの言葉をよく使うでしょうか?

この2つ言葉は似ているようで意味は違います。

そこで、今回はWebサイトとWebページとどう違うのか、どのように関係しているのかを解説していきます。

Webサイトを本で例えるなら…

この2つの関係を本で例えるとわかりやすいです。

Webサイトは本
Webページは本のページ

つまり、Webサイトを本とするならば、Webページはその本を構成しているページの一部ということです。

逆にWebページの集まりがWebサイトということになります。

ページの意味はわかるけど、サイトってどんな意味?

さて、ここでページの意味はわかるけど、サイトってどんな意味なの?っという自分が出てくると思います。

サイトとは「敷地」や「用地」を意味する言葉です。

敷地はなんとなくイメージはつきますが、用地はどんな意味なのでしょうか?

用地とは「あることに使うための土地」のことを言います。

ここの「あること」とは関連するWebページをまとめることですね。

つまり、複数のページを一箇所にまとめてユーザに使えるようにした場所がWebサイトということになります。

Webサイトの基本的な構成とは?

いくつかの関連するページを集めた場所がWebページだと解説しました。

では、今、世界中にあるWebページの基本的な中身はどうなっているのでしょうか?

トップページ

私たちは、Webサイトを見るときGoogle検索などの検索サービスを使ったり、ブラウザにURLを入力して、あなたが見たいWebサイトを見ることができます。

そのときに最初に出てくるのがトップページと呼ばれるものです。
このトップページっていうのはインデックスページとも言って、他のすべてのWebページを見られるようにリンクされているページです。

インデックスとは「索引」という意味で、ユーザが探そうとしているページを早く見つけやすいようにするために、トップページが存在しています。

概要ページ

概要ページはWebサイトの中でももっともユーザに見られるページです。
このページには、このWebサイトは一体どんなサイトなのかを書き記しておきます。

そうすれば他のページを見なくても、この概要ページを見るだけでユーザに、このサイトの意図が伝わります。

自分のコンテンツの紹介や商品の購入へ促すなどの役割をこのページは持っていますので、気を抜かずにしっかり書いておく必要があります。

プロフィールページ

運営しているWebサイトの管理者の紹介をするページです。
Webサイトを作る目的は自分を知ってもらい、自分のコンテンツを紹介するためのものなので、まずは、このプロフィールページに自己紹介をして、サイト訪問者にして自分について知ってもらう必要があります。

またサイトの管理者が複数いる場合は、そのメンバーを紹介するページにもなります。

お知らせページ

ユーザーに告知したいことをまとめたページです。
複数あるお知らせをまとめることがほとんどで、ユーザに伝えるべきお知らせの詳細は別ページにある場合があります。
例えば、新しい商品の紹介や季節物の特集、何かのイベントの開催告知やキャンペーンお知らせなどの、ユーザに知ってもらいたい情報を別ページで掲載して、お知らせページにまとめると言った感じですね。

ギャラリーページ

商品やサービスなどをリスト表示しておくページです。
例えば、化粧品を売っている会社ならばその商品をたくさん並べて、詳細が分かるようにしておくことですね。
個人の場合も同じで、アーティストなら自分の作った作品を、デザイナーなら今までの制作実績やポートフォリオをなどを載せておくことです。
このページを作ることで、この会社、この人に仕事を依頼するべきかを判断するための重要なページになります。

ブログページ

昔は、掲示板っていうのがありましたが、それに取って代わったのがブログです。
今は誰でも分のWebサイトの中にブログを組み込むかとができます。
サイトを見てくれている人たちに役立つ情報などをこのブログを使って書いていくことで、アクセス数アップへつなげることができます。

お問い合わせページ

お問い合わせページはサイトの管理者に連絡を取るためのページです。
何かの要望や不具合があった場合などに、コンタクトフォームに必要な項目を入力して管理者にお問い合わせをします。

また、ただの連絡のためではなく、商品の購入や仕事の依頼などの業務にもお問い合わせページを使うこともあります。

Webサイトには関連するWebページを

Webサイトには自分のテーマにあったWebページをまとめておく必要がります。
あまり関連していないページを載せても、目的を持って閲覧しに来てくれたユーザも、求めてたものと違いとなると、すぐ離れて言ってしまいます。
やがてサイトのアクセス数が下がってしまいます。

中には雑記をまとめたサイトもありますが、最初のうちはテーマを決めて、それに沿ったWebサイトの制作を心がけてください。

コピーできました!

こちらの記事もチェック!