創作のヒント

【たった3つに絞るだけ!】デザイン力がアップする裏技とは?

この記事を見ているあなた!

デザインは得意でしょうか?

その返答に戸惑ったあなたに、簡単にデザイン力をアップさせるテクニックをご紹介しますね。

たった3つに絞るだけで、デザイン力が1ランクアップ

記事タイトルにもあるように、たった3つに絞るだけでデザイン力が上がってしまう要素があります。

それは「色」です。

色を3つに絞ってしまえば、どんなデザインでも一瞬で「良いデザイン」と見られます。

次の画像をご覧になれば、ひと目で違いがわかると思います↓

これさえできてしまえば、悪いデザインは良いデザインに、良いデザインはさらに良いデザインへと激変します。

多用禁止ですよ!

デザインの配色を決める3つの色

世の中にはいろんなデザインがあります。

たとえば、チラシやポスター、商品パッケージ、Webサイト、イラスト、プレゼン資料など、数えればきりはありません。

このように、身の回りにはデザインされたものがたくさんあります。

世の中にあるデザインの配色を決めていテクニックの1つとして、3色程度に限定する手法があります。

この手法で使われている3つの色は、メインカラー、デザインカラー、アクセントカラーです!

では、それぞれの色について解説していきますね!

主役の色、メインカラー

「メインカラー」は主役となる色です。

たとえば、企業のコーポレートカラーとかですね。

企業のイメージカラーに使われているコーポレートカラーを、そのままメインカラーにしている場合多いですね。

背景の色、ベースカラー

「ベースカラー」は背景色として使われる色です。

3つの色のうち一番広い面積が使われます。

ベースカラーはメインカラーを薄くした色、またはホワイトかグレーを用いるのが一般的です。

物足りなさを足す、アクセントカラー

「アクセントカラー」は変化や注目をさせたいときに使う色です。

メインカラーやベースカラーだけでは単調になりすぎるため、何か変化をつけるためにアクセントカラーを加えます。

アクセントカラーは多用せずに「ここぞ!」というときに使うのがポイントです。

配色の70:25:5の法則

さて、ここで問題となってくるのが、この3色をどのような割合で使えばいいかですよね。

ここで登場するのが「70:25:5の法則」です。

この法則で、メインカラー、デザインカラー、アクセントカラーの3色の割合を調整します。

デザイン業界よく用いられている法則ですね。

  • 70%をベースカラー
  • 25%をメインカラー
  • 5%をアクセントカラー

円グラフにすると、3色の割合がわかりやすいですね!

このように、全体の配色を「70:25:5」の割合にすれば、バランスがよい配色ができます。

もし、ものをデザインするときは、この法則を使って見ましょう!

3つの配色を選ぶ方法は?

3つに絞ることで魅力的なデザインに生まれ変わります。

では、どのようにして3つの色を選べばいいか? 疑問が出てくると思いますよね。

生まれつき才能があって、色のセンスを持っている人であれば、なんとなく感覚で3色を見つけ出すことができます。

ですが、そうでない人はどうすればいいのでしょうか?

じつは、解決する方法は2つあります。

方法1:配色オンラインツールを使う

一番簡単なのは、ネット上で公開されている「配色のための無料オンラインツール」を使うのが一番手っ取り早いです。

3色配色ならば「Color Supply」が有名ですね。

他にも検索すればいろんなサイトがありますので、自分にあったサイトを探してみましょう。

方法2:配色パターンを覚えておく

もう1つの方法は、よく使う配色パターンを覚えておくことです。

僕はもともと配色センスはありませんでしたので、日頃からよく使われている配色パターンを覚えています。

では、どうすれば配色パターンを覚えられるか疑問に思うかもしれません!

僕の場合は参考書を見て配色パターンを頭の中にストックしています。

おすすめの参考書としては『見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色』がベストですね!

こちらの本は、発売してたった1年で12万部を突破した有名な本です。

眺めているだけでも参考になりますので、ぜひご覧になってくださいね!

ABOUT ME
こくてん
このサイトの管理者です。 夢は働かずに自分の好きなことができる日々を送ること。 記事はあまり書かないほうですが、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。