ビリビリ動画、異世界かるてっと、エンプリなどをレポート【超会議2019】

ビリビリ動画、異世界かるてっと、エンプリなどをレポート【超会議2019】

前回の記事はこちら↓

超bilibili

『超bilibili』の詳細はこちら(公式サイト)

ビリビリ動画とは中国の会社が運営している、動画共有サービスのことです。
月に約9280万人のユーザが利用しています。
ニコニコ動画と同じく動画上にコメントが流れます。そのため「中国版のニコニコ動画」とも呼ばれています。
動画共有だけでなく、生放送、ゲーム、マンガ、eスポーツ、ECなど多種類のサービスを提供中です。


巨大モニターがあるVupステージでは、VTuberの「大神ミオ」がゲスト出演してました。


裏側は巨大な「テレビくん」の顔が!


ブース内には、ビリビリ動画の公式マスコットキャラクター、「テレビくん」と「ビリビリ姉妹」のパネルが飾られていました。
左:33娘、右:22娘

超休憩広場~異世界のアンカーキャストクエスト~

超休憩広場~異世界のアンカーキャストクエスト~の詳細はこちら(公式サイト)

ここは、アニメ「異世界かるてっと」とヤマト運輸「アンカーキャスト」がコラボしたブースです。
このブースでは「アンカーキャスト」をとおして、新しい働き方が体験できます。

[box05 title=”アンカーキャストとは”]
「アンカーキャスト」とは、午後勤務専門のドライバーことです。
つまり、13時までは自由時間。午前中は趣味など自分の時間に使うことができ、午後は「クロネコヤマト」のドライバーとして、お届け物を配達するということ。
[/box05]

超休憩広場

ここはブース名のとおり休憩広場になっています。
広場にはパネルがあって、「超休憩広場」の文字と「異世界かるてっと」に登場するキャラクター載っています。
このパネルをスマホで撮っている人も多かったです。

パネルの前にはベンチとテーブルがあり、そこに座って休憩したり、飲食を楽しんだりしている来場者もいました。
ここは、超会議の疲れを癒す「憩いの場」になっていました。

異世界アンカーキャストクエスト

休憩広場になっていますが、午後から突然「異世界アンカーキャストクエスト」というミッションが発生します。
パネルの裏側にはクエストの受付口があり、クエストに参加したい人は並んでクエストを体験することができます。

クエスト内容は、受け取ったお届け物を、休憩広場から別ホールにある「ギルドカウンター」と呼ばれるお届け先まで運ぶというもの。
クエスト自体は決して難しいものではありませんでした。しかし、受付口には大勢のクエスト希望者が並んでいて、クエストを受け取るまで45分並び、こっちのほうが疲れました。

クエストのお届け先「ギルドカウンター」


「ギルドカウンター」では人気のイラストレーターりいちゅさんが描かれたオリジナルのイラストパネルがお出迎え。


「ギルドカウンター」の横には、異世界アニメで人気のアニメキャラクターのパネルが飾られていました。

クエストの報酬


報酬は「受領書風しおり」と「オリジナル ミニボックス」でした!超会議限定品です。
しおりはクリアで、ミニボックスは組み立て式でした。


ミニボックスを組み立ててみるとこんな感じに!


各面には「異世界かるてっと」のキャラクターが描かれています。

ラブコメRPG『エンゲージプリンセス』

ラブコメRPG『エンゲージプリンセス』の詳細はこちら(公式サイト)

「エンゲージプリンセス」とは、電撃文庫とniconicoが共同で制作したPCブラウザで遊べるラブコメRPGのことです。
事前登録者は10万人を突破し、4月1日からサービスを開始しました。

フォトスポット

ゲームの世界を再現した撮影スポットです。


ゲームのナレーションを担当している「レムレス」と最初の仲間の「マーリン」。


ネコ耳の魔法少女「ネムネム」。


精霊使いの「クラリッサ」。

出演声優サイン色紙の展示

ゲームに登場するキャラクターの声優さんのサイン色紙も飾られていました。
展示されていた色紙は総勢100名以上!
全ては紹介しきれないので、その一部を載せておきます。

このゲームは超会議開催時、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」とコラボしていたので、その声優さんのサインもありました。

続きは、その6で↓

コピーできました!

こちらの記事もチェック!

艦これ、ねんどろいどタワー、カバネリ展に感激!「がたふぇすvol.7」に行ってきました!(中編)

艦これ、ねんどろいどタワー、カバネリ展に感激!「がたふぇすvol.7」に行ってきました!(中編)

エンタメ

NSTの会場についてレポートしていきます。 NSTとは地元のテレビ局である新潟総合テレビのことです。 会場内は、本当に盛りだ...

続きを読む

『デスノート』や『バクマン。』の作画を務めた、小畑健先生の原画展がすごかった!

『デスノート』や『バクマン。』の作画を務めた、小畑健先生の原画展がすごかった!

エンタメ

小畑先生が画業を務めて30周年らしいですね! その記念といて先生がこれまで描かれたマンガやイラストの原画の展示会が東京に続い...

続きを読む

ボカロエリア、超歌舞伎、VTuberの祭典などレポート【超会議2019】

ボカロエリア、超歌舞伎、VTuberの祭典などレポート【超会議2019】

エンタメ

前回の続きです 2019-05-02ニコニコ超年表&大百科、平成・令和の書などをレポート【超会議2019】ニコニコ超会議20...

続きを読む

『鋼の錬金術師展(ハガレン展)』に行ってきました

『鋼の錬金術師展(ハガレン展)』に行ってきました

エンタメ

鋼の錬金術師展(以下ハガレン展)に行ってきました。 ようやく、新潟にハガレン展が到来しましたねー ハガレン展は新潟市アニメ・...

続きを読む

高さ10mの巨大な本棚、超痛車天国などをレポート【超会議2019】

高さ10mの巨大な本棚、超痛車天国などをレポート【超会議2019】

エンタメ

超会議2019が終わって1ヶ月経ちました。 そして、超会議レポートもこの記事で最後になります。 最後なので、まだ紹介し切れて...

続きを読む

アニメ映画『思い、思われ、ふり、ふられ』を見て創作に使えそうな演出を紹介

アニメ映画『思い、思われ、ふり、ふられ』を見て創作に使えそうな演出を紹介

エンタメ

まずは基本情報 作品タイトル 思い、思われ、ふり、ふられ 公開日 2020年9月18日 上映時間 103分 ジャンル 恋愛、...

続きを読む