イベント系

高さ10mの巨大本棚、超痛車天国など|ニコニコ超会議2019レポート【その6】(終)

超会議2019が終わって1ヶ月経ちました。
そして、超会議レポートもこの記事で最後になります。

最後なので、まだ紹介し切れていないものを一気に公開しようと思います。

前回の記事はこちら↓

ビリビリ動画、異世界かるてっと、エンプリなど|ニコニコ超会議2019レポート【その5】前回の記事はこちら↓ https://kokutendo.com/chokaigi-report-2019-4/ 超bi...

「カドカワブックフェア」ブース

会場の入り口から少し歩いたところに、写真のような巨大な本棚がありました。
1~3ホームでひと際目立ていました。
高さはなんと10mあるんです!
カドカワが平成に出版した約3万冊の本を展示してあるそうです!

上の方はパネルでしたが、下の方は本物の本が詰め込まれていました。
新元号が発表されたこともあって、「令和」の出典となっている万葉集が置かれていました。

中に入るとそこにも本棚があり、文字が投影されていました。
光の演出は、まるでファンタジーの世界のようでした!

自衛隊ブース

毎年あるブースで、超会議の定番になっています。
普段お目にかかれない自衛隊の装備品や解説パネルなどが展示してありました。


【13式空挺傘(陸上自衛隊)】
今回、一番目立つのはパラソルのような緑の物体!
これは何かというと、自衛隊員を航空機から降下させるときに使うパラシュートのこと。


【EOD処分艇(海上自衛隊)】
海上の爆発性危険物の処分をするため、水中処分員が母船から危険物の現場まで向かうためのゴムボート。

他にも戦車などが展示されていました。

超東京マルイ エアソフトガン大展示!

東京マルイによる「エアソフトガン」の展示ブースです。
エアソフトガンとはBB弾(プラスチック製の弾)を発射できる遊戯銃ことです。


黒い車が目立っていたので、立ち寄ってみました。


ブースの壁には、エアソフトガンが飾られていました。


エアソフトガン以外の展示品も!

博麗神社例大祭 超濃縮版

「博麗神社例大祭」の超会議版です。
原作のゲームを体験できたり、グッズ販売や、同人誌見本誌などを読めたりできるブースです。

僕は、例大祭に行ったことはありませんが、ここで、ちょっとだけ例大祭の気分を味わえました。


東方のキャラクターのパネルが飾られていました。
また歴代の東方シリーズの紹介や、東方の歴史を記載した「東方年表」を展示してありました。

超痛車天国

このブースも超会議の定番になっています。
もはや「走る芸術品!」。
丁寧に作り込まれていて、どれもクオリティーが高いものばかりでした!
コスプレイヤーさんもいるので、それも含めて楽しめるブースです。

ニコニコ御三家の1つってこともあって、みんなから愛されている初音ミクの痛車。

車だけではなくてパネルも添えているってものいいね!ミクちゃん素敵!

また痛車自体ではなく、地面にパネルを敷いているもの、人形や装飾品でにぎやかさを出しているものなど、演出にも凝っているがありました。
展示方法も工夫して、痛車を際立たせているのですね!

超将棋


強大な将棋盤!ここで人間の将棋駒を使い、実際の有名棋士の戦いが再現されました。


将棋に関連してかマンガ「3月のライオン」のグッズも売られていました。

超まるなげひろば

ニコニコ動画で言うと「作ってみた」系のカテゴリーに属するブースです。
創作に命を懸けているニコニコユーザの方々が、多種多様な作品を出していました。

テレビちゃんのバルーンアート。


ミニ四駆の展示。
独特のデザインが多かったです!

超会議で食べたもの

会場内にはコンビニもありましたが、超会議に来たからには、会場限定ものを食べたと思いつつ、あちこち歩いていたので、そんなに飲食をすることはありませんでした。

左の写真は、おにぎりにカツが入っているもの。少し高かったですが美味しかったです。
右の写真は、無料で配られていた飲み物。「ゼリー炭酸MATCH」が一人1本無料で配られていたので、それをゲット!

両方とも、超歌舞伎のイベントホールの休憩エリアで食べていました。
意外と座れる場所があって、くつろげるんです。

で、1日目の夕食は、海浜幕張駅の近くにあるかつ家のソースカツ丼。
ここは毎年お世話になっています!

まだまだ他にも紹介したいブースはありましたが割愛します。

超会議全体をとおしての感想と来年への思い

今年は去年と比べて、早い時間に会場に入れました。
それだけ、整備が改善されてたと感じました。

ニコニコを地上に再現するをコンセプトにしてるだけあって、一日では回りきれないくらいのブースがありました。
ただ、今年は「まいくらひろば」がなかったのが残念。
一時期流行ったマイクラも、動画ランキングではあまり見かけなくまりました。

VTuberやビリビリ動画など、ニコニコ独自のコンテンツじゃないものが入っていたので、外部のものに頼らないといけないくらい、今のニコニコは狭くなってきていると僕は感じます。
なかなか新しい創造性あふれるコンテンツがないので、今のニコニコに魅力は感じません。
僕はニコニコは現実逃避できる場所として使ってきましたが、今のニコニコは廃れています。

2020年も超会議が予定されています。
来年は超会議をとおして、かつてのニコニコの繁栄や栄光を取り戻せればなと願っています。
また来年は、東京オリンピックの年でもあります。大規模のイベントがある中、超会議も負けじと頑張ってほしいです!

(あと、やるかどうかは未定ですが、来年は僕も何かブースを企画しようと思っています。まだ構想はぼんやりとしていて、実現できれるかはわかりません。ぜひ期待はしないでください。)

ではでは、また来年の超会議に期待しましょう!

See You Again 超会議!

ABOUT ME
こくてん
こくてん
このサイトの管理者です。 夢は働かずに自分の好きなことができる日々を送ること。 記事はあまり書かないほうですが、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。